NEWS

TMG の SDGs の取組

株式会社T.M.Gでは2021年に創立38周年を迎え、次の節目へと向かうにあたり
今一度、物流企業として社会に対して何が貢献出来るのか、SDGsへの取組はまさにその未来へ進む道標と考えております。
そのため本業を通じて社会貢献活動、環境負荷の削減や低減を通じ、持続可能な社会を実現するために取り組んで参ります。

更には国連が提唱する17の目標の先には、18番目の目標(ゴール)として改めて企業理念である
「三者三得」の実現の為に、全社員が一丸となって社業を通じて社会貢献出来るよう取り組んで参ります。

2021年3月
株式会社T.M.G
代表取締役社長 椿本 孝幸

取組

【取組実例】

1.健康診断の実施

TMGでは産業医を選任しており、社員は年1回健康診断を受けています。
健康診断の結果、特に健康の保持に努める必要がある社員に対し、産業医の専門的な立場から指導・助言を頂いています。



2.顔認証型体温測定装置の設置

2階受付に設置し、本社事務所内へ入室の際、全ての人の体温を測定し健康状態を
チェックしています。(37度以上の場合には一旦入室をお断りします)

3.AEDの設置

心臓突然死はいつ誰に起こるかわからない急性疾患です。
1人でも多くの命を救うため社内に設置しております。

4.血圧計を談話室に設置。

体温だけでなく、日々血圧を測定することで社員の体調管理を図っています。

【事例】
・社員が血圧を測定したところ最高血圧が異常値を示していました。
・翌日も最高血圧が高かったため会社を通じ産業医へ相談。
・社員は早速かかりつけ医を受診し診察を受けた結果、治療開始となりました

会社に血圧計がなければ血圧の異常が分からず、体調に変化もない事から
 重大な病気を見逃す可能性がありました。今回は大事に至りませんでしたが
 皆様も日ごろから健康管理に努めて頂くようにお願い致します。

★身近な例
・日頃車で移動している場所へ、自転車・徒歩で移動する。
∟運動・ウオーキングすることで健康増進に繋がります。
∟車を使用しないことでCO2削減にも繋がります。


【取組実例】

  1. 東日本大震災へ寄付

    阪神大震災の教訓をもとに東日本大震災発生後、自社トラック便にて物資・食料等を輸送

  2. ユニセフに寄付

    世界で飢餓に苦しむ人たちへの援助に取り組んでいます。

  3. 子育て支援手当

    小学校から大学に通う子を養育する社員に対し、子育て支援手当を支給していま す。
    (※手当は、社会保険の扶養家族である子について支給対象としています)

    日本の相対的貧困率は15.6%、そして一人親家庭の相対的貧困率は50.8%と深刻 な状態にあるため、
    企業としてこの課題に取り組んでおります。



◆相対的貧困率とは◆
その国や地域の水準の中で比較して、大多数よりも貧しい状態の事を指しています。

★身近な取組★
・食品ロスをなくす
∟食材を無駄なく使う、食べ残しは別の料理に作り替える
∟賞味期限や消費期限切れで捨ててしまう事をなくす。⇒必要な量だけ購入する。


【取組実例】

  1. 雇用条件や待遇の見直し

    ・全職種において男女の区別なく雇用条件や待遇を同一条件としている。
    ・「LGBT」の存在を受け入れる社風が出来ている。

  2. セクシャルハラスメントへの対策

    ・セクハラを行った行為者へ厳正な対処を行う旨を就業規則に明文化させることにより未然に防ぐ取組や、
    セクハラ被害の相談窓口を設置しています。

  3. 女性管理職の起用

    ・日本のジェンダーギャップ指数は経済で117位であり、日本の女性の管理職
    上級職の割合は14.7%(アメリカ42%、イギリス36.8%)と非常に低い数字です。
    TMGにおいても能力次第で昇格の可能性が十分あります。実際に女性の管理職も活躍しております。

ジェンダー・ギャップ指数とは、世界経済フォーラムが、各国の男女間の格差を数値化しランク付けしたものである。
経済、教育、健康、政治の4分野について合計14指標の男女差を算出



★身近な取組★
・ジェンダー平等に興味を持ち、理解する。
 ・仕事も家事も子育ても平等に分担する。


【取組実例】

1.安心と安全!鈴鹿山脈の天然水「水美」
・日本有数のおいしい鈴鹿山脈の天然水を使用。 自然に育まれ濾過され磨かれた地下水が原水です。
毎日飲むものですから安心と安全でより鮮度の良い物を提供いたします。

2.無洗米の環境効果

・節水⇒お米を研ぐのに大量の水が必要
・水質汚染の防止⇒とぎ汁を流さない
・CO²の削減
・肌ヌカの活用⇒肥料、飼料
生活雑排水のお米のとぎ汁には、リンやチッソなどの栄養素が多く含まれていて下水処理 技術の高い下水処理場でもチッソ53%、リン34%が処理しきれず素通りしてしまいます。 チッソやリンは、赤潮、アオコなどの発生原因にもなってしまうのです。 また、下水処理するにも、汚泥の発生や大量のCO2を発生するのです。



★身近な取組★
わたしたちにできることは、今使っている安全な水を大切に使うことです。
・水を大切にすることは、水不足の解消に繋がる大切なアクション。
・海を汚さないためにゴミのポイ捨てなどは絶対してはなりません。

一人ひとりが水に対する意識を変えることで、
「SDGs6.安全な水とトイレを世界中に」は実現に近づくことができるはずです。

Copyright T.M.G CO.,LTD All Right Reserved.